太陽光発電なんでも相談箱


地域による違い

今年の夏も節電を推進することが既に決まっています。
電気料金に関しても使用する時間帯に合わせて料金プランが選べるようにしたものの、実際のところ一般の方には理解しづらくなかなか普及していないのが現状のようです。
住宅に関してもエコな住宅がブームです。
少ないエネルギーで快適に暮らせる家の開発に住宅メーカーは力を入れています。
そのようなエコな住宅の代名詞となりつつあるのが太陽光発電を付けている住宅ではないでしょうか。
太陽光発電とは太陽の光を利用してそれを電気に変えるシステムのことです。
ここ数年普及率が高まっていると言われています。
しかしながら地域によってまだまだばらつきがあるようです。
実際に私が現在住んでいる地域というのは太陽光発電の普及率が非常に高く、新築で建設する住宅には7割以上近く高い確率で付けられているのを目にします。
また築20年前後経過しているような古い住宅でもそれを取りつけている住宅も多いのです。
それなので私の住んでいる地域で限って言えば全体の半数近い世帯が太陽光発電システムを取り入れていると言っても過言ではないくらい多くの方がそれを設置しています。
初めてここに引っ越してきたときにその普及率の高さに驚いたくらいです。
現在私は賃貸アパートで生活しているのですが、私の住んでいるアパートを含めて賃貸住宅でさえも太陽光発電システムを取り入れているところが多いのです。
ところが他の地域ではどうでしょうか。
東京など別の都市では全体の1割に満たない程度しかそれを取りつけていない地域もあるのです。
なぜここまで地域によって違いが生じるのでしょうか。
それは補助金の額も大きく関係しています。
まず普及率が非常に高いと先ほど述べた私の住んでいる地域では国からの補助金はもちろんのこと、自治体からの補助金も条件を満たせば受け取ることができるのです。
国としても太陽光発電の普及を勧めたいと思っておりそれを取りつけるご家庭や企業に対して補助金を出す制度を設けています。
詳細については太陽光発電の補助金などの情報に補助金の申込み方法等が掲載さいれていますのでチェックしてみましょう。
また私が住んでいる地域ではガスの整備環境があまり整っていないというも太陽光が普及している原因の一つだと考えられます。
都市ガスの設備があまり整っておらず市の中心部のごく一部しか都市ガスを利用することができないのだそうです。
そうすると多くの家庭がプロパンガスを使うしかないのでそれだと光熱費が高くなるのです。
それならば太陽光に変えてしまったほうが家計も助かるからです。

人気のホームページ情報をご案内

Copyright (C)2018 太陽光発電なんでも相談箱 All Rights Reserved.