太陽光発電なんでも相談箱


メーカーの選び方

自宅やオフィスに太陽光発電を取り付ける際に、太陽光パネルを選ぶ必要性が出てきます。
一昔前は太陽光パネルを製造している企業も限られていましたが、現在では日本の主流電気メーカーのほとんどが太陽光発電事業に参入しています。
さらには海外メーカーも多く参入していますので選択肢の幅が広がりました。
そのお蔭で以前は高額であった太陽光発電パネルの値段も下がってきており私たち消費者にとっても導入しやすい値段となったのです。
しかし選択肢が多いということはそれだけ選ぶのも大変になってきます。
技術面でもあまり大差はないと言われていますが、せっかく高い費用を出して取り付けるのならば高品質でできれば値段が安いほうが嬉しいですよね。
そこでメーカーを選ぶポイントについて考えてみましょう。
国内メーカーを選ばれる方が多いです。
海外メーカーも多く太陽光発電パネルを提供しているのですが、万が一何かあったときの対応等を考えるとやはり国内メーカーのほうが安心だと考える方が多いのです。
結局のところ日本国内で太陽光発電を導入している方の9割以上が国内メーカーを選んでいるという結果となっています。
人気で選ぶ方も多いです。
国内メーカーのシェアがダントツに多いのですが、国内主要メーカーだけでも7社以上太陽光発電パネルを製造販売しています。
その中でも特に人気が高いメーカーが製造したパネルを好まれる方もいらっしゃいます。
多くの方に選ばれているということはそれだけ性能や価格の点で現在魅力がもっともあるからだと考えられるからです。
価格重視という方も多いです。
太陽光発電を取り付ける際はどのくらいの発電量の太陽光パネルを取り付けるのかによってもかかってくる費用が異なります。
またご自宅の屋根の形状等によっては補強工事等が必要な場合も考えられます。
例え補助金が下りるとはいってもそれで全額が賄えるとは限りません。
それならば多少なりとも費用が安いところが助かると考えるからでしょう。
発電量で決めるという方も多いです。
家族の人数が多い、大勢の人が働いているオフィスなどは必然的に電気の使用量が多くなります。
それを考えると発電量が多いほうが結果的にお特になると考えられます。
メーカーごとにそれほど発電量に大きな差はないものの、少しでも発電量が高いメーカーを選びたいという方も大勢いらっしゃるのです。
デザインを重視する方もいらっしゃいます。
後から太陽光発電パネルを取り付ける場合は自宅の屋根と調和も考えないといけません。
そこでデザイン性で決めるという方も多いのです。
Copyright (C)2018 太陽光発電なんでも相談箱 All Rights Reserved.