太陽光発電なんでも相談箱


メリットだけではない

メリットばかり取り上げられてる太陽光発電ですが、導入後のトラブルが全くないわけではありません。
太陽光発電を取り付けるにも費用がかかります。
それを考えるときちんとデメリットやトラブル等も把握した上で取り付けたほうが失敗やリスクを低減できると思います。
実際にトラブルで最も多いのが実際の発電量が思った以上に少ないということです。
太陽光発電を推進する業者というのは、営業トークにより発電量を多めに伝えてくる事もあります。
取り付けた側として高いお金を払ったということもあり、多くの発電量を最初から期待してしまいます。
しかしながら結局のところ発電量は天気によって左右されてしまうのです。
曇りや雨、日照時間が少ない時期などはどうしても発電量自体が低下してしまいます。
そこで太陽光発電を取り入れたら最初の1、2か月でその効果を判断するのはやめましょう。
その時期の天気が例年の天気と異なるようであればやはり今までとっていたデータと同じくらいの発電量が期待できないからです。
それなので半年くらいの時間をかけてきちんとその効果を見極めることにしましょう。
業者とのトラブルも多く寄せられています。
まずは業者の信頼性です。
先ほどの発電量の低さもクレームとして多いのですが、それは天気のせいだけではなく業者の信頼によることも多いのです。
言葉巧みに勧誘を勧めてくる業者も多いのでそれを信じてしまったら思った以上の結果を得られなかったという場合も多いのです。
また工事の際にもトラブルが起こりやすいです。
太陽光発電というのは自宅内部に配電盤等を取り入れたり、発電の状態をモニターで自宅内部からチェックできるようにしています。
それなので壁に穴をあける必要性も出てきます。
その穴の位置が、依頼主が不快に思うような場所にあけられてしまうことにより大きなトラブルに発展したケースもあるのです。
また手抜き工事を行う業者も多くそれが原因となって屋根や壁などが劣化してしまったという報告もあります。
工事にまつわるトラブルは業者とのコミュニケーションを密にすることで防ぐことは可能です。
様々なトラブルやクレームがあるのですがその原因として多いのが業者の信頼性に関するトラブルなのです。
それなので業者選びは慎重に行う必要があるでしょう。
業者も沢山ありますので選定するのが大変かもしれません。
インターネット等で検索してみると業者を比較するサイトや業者に関する口コミなども多く寄せられています。
それらを参考にして業者を選んでみましょう。
また最初から一つの業者に決めるのではなく複数の業者に見積もりだけでも依頼して対応を比較することも重要です。
Copyright (C)2018 太陽光発電なんでも相談箱 All Rights Reserved.