太陽光発電なんでも相談箱


導入するならいつ?

いずれは太陽光発電システムを取り付けようと考えている方も多いかもしれません。
いつか住宅を新築する予定がある、リフォームする予定があるという方はその時に太陽光発電も一緒に取り付けようと思っているかもしれません。
現在では太陽光発電を取り付けるメリットを盛んに宣伝していますがそれがずっと続くのか不安に感じたことはありませんか?
例えば補助金についてです。
この補助金に関してもずっと続くとは限りません。
予算としても限られていますのである程度普及が見込めるようになったら突然打ち切られてしまう可能性も十分に考えられます。
以前経済政策の一環として新車購入の際に補助金が出されるようになりましたが、それに関しても財源が限られており一部は打ちきりになってしまったと聞きます。
太陽光発電の取り付けに関しても同じ事が起こらないとは言い切れません。
国は太陽光発電を普及させるためにこの補助金制度を設けたのですからある程度それでエネルギー需要が満たされれば補助金の存在も必要なくなります。
そうすると補助金が出なくなってしまう可能性もあるのです。
次に買取価格です。
太陽光発電のメリットの一つは余った電力を売電できるという事です。
それなので発電量が多ければ多いほどに売電できる電気の量も増える計算となります。
現在自宅で発電して余った電力は固定金額が決まっておりそれに基づいて電力会社が買取をしてくれるシステムとなっています。
そしてその買取価格に関しては現在のところ10年間は買い取ってくれることが約束されています。
国はこの10年間の間で太陽光発電の普及率を現在の20倍以上に伸ばすことを目標に掲げています。
しかし多くのご家庭でそのシステムを導入した場合、電力会社が買い取る電気の量も必然的に増える計算となります。
それにより今度は電力会社でも発電した分の電気が余ってしまう可能性も出てくるのです。
そうすると今までのように高い値段で買い取りをしていると今度は電力会社の経営に影響が出てきます。
その結果として買取価格自体が下げられる可能性もあるのです。
もしもそのような状況に陥ってしまったら高い値段を出してせっかく太陽光発電を取り付けた意味がなくなってしまいます。
例えばそれをローンを組んで行った場合は返済も進まなくなってしまうと考えられます。
それなのでもしも太陽光発電を付けたいと思っているならば、補助金があるうち、そして買取価格が高いうちに取り付けてしまったほうがお得かもしれません。
Copyright (C)2018 太陽光発電なんでも相談箱 All Rights Reserved.